「客室乗務員に必要な能力や資質ってなんだろう?」

「客室乗務員はやっぱり、キレイで頭が良くないとムリ?」

 

 

客室乗務員は、才色兼備なイメージを持たれていますが、本当にそうなのでしょうか?

もし、みなさんが今から客室乗務員を目指すとしたら、どんな能力や資質があれば有利だと思いますか?

今回は、十数年客室乗務員として働いてみて、実際に感じた「客室乗務員にとって必要な能力と資質」について、お話します。

別に美人でなくても大丈夫、慎重低くても大丈夫、語学そこそこでも大丈夫です。そんな誤差、笑顔で全部チャラになりますからね♪

Sponsored Link

客室乗務員に向いている人って?

客室乗務員にとって必要な能力って何でしょうか。

接客の際には明るさや思いやり、先読みできる能力が重要になるでしょう。また、緊急事態には「判断力」や「冷静さ」が必要になってきます。

今回は、その中でも特に重要だと思うものをランキングしてみました。

客室乗務員に必要な能力・資質ベスト3
  • コミュニケーション能力
  • 自己管理能力
  • 向上心

それでは、ひとつずつ詳しくみていきましょう!

1.コミュニケーション能力

客室乗務員の仕事の中で、真っ先に思いつく客室乗務員のイメージは「お客さまと、にこやかにお話をしている姿」ではありませんか?

実際、機内にはさまざまなお客さまがいらっしゃいます。機嫌のいいお客さまだけ、とは限りません。

機内にはこんなお客さまがいる!
  • 旅行でワクワクしている
  • 仕事をしているのに隣の人の話し声がうるさい
  • お子さまが退屈してしまって騒いでいる
  • 初めての飛行機で緊張している
  • 機内ではゆっくり寝たい
  • 飛行機が怖い
  • 日本語、英語が通じない
  • 客室乗務員の行動をチェックしている
  • 飛行機大好き、飛行機マニア

    これらのお客さま全員と、臆することなくお話をすることができますか?

    お客さまだけではありません。客室乗務員は毎回違うメンバーでチームを作り、フライトをしています。初めてのメンバーでも、積極的にそのチームに入っていかなければなりません。

    コミュニケーション能力の高さは、客室乗務員にとって最も重要な能力です♪

    2.自己管理能力

    客室乗務員は、一人一人が違うスケジュールで動いており、勤務形態が不規則なことで知られています。また、いろんな場所へ行くので、その土地で食べるものや、環境の変化にも気をつけなければなりません。

    • 早朝・深夜勤務
    • 出社場所が違うこともある(羽田・成田など)
    • 毎日出社・退社時間が違う
    • ステイ先での体調管理

    フライトの途中で体調を崩すようなことになれば、一緒に飛んでいるメンバーに迷惑をかけるだけでなく、最悪の場合、飛行機の遅延や欠航にもつながります。

    ですから、客室乗務員にとって「自己管理能力」の高さはとっても大切なんですよ!自己管理能力の高さは、責任感の強さとも言えるかもしれません。

    客室乗務員は、仕事の日だけでなく、お休みの日であっても、しっかりと自己管理をしています。

    お休みの日に気をつけていること
    • 食べ物、飲み物(お酒は決まった時間までに)
    • 睡眠時間の確保(翌日の仕事に影響が出ないように)
    • 自分の体調(体調がすぐれない場合はすぐにメンテナンス)

      3.向上心

      客室乗務員の仕事は、膨大なマニュアルによって管理されています。

      マニュアルは頻繁に更新されるので、自分の知識も常に新しいものに更新していかなければなりません。また、客室乗務員は入社直後からキャリアプランによって、常に新しいことに挑戦していく仕事でもあります。

      フライトが終われば、その日のメンバーでその日のフライトを振り返り、次回のフライトがさらに良いものになるようにしています。

      向上心の高い人は、同じ失敗を繰り返さないようにするとともに、いろんなシュチュエーションを自分の知識に入れておき、どんなシーンでも対応できるように工夫しているんですよ!

      さらに客室乗務員は、自分をより高めるために、いろんなことに興味を持って常に挑戦する、アクティブな人が多いことも特徴です。

      • 英会話
      • 手話
      • ソムリエ
      • テーブルコーディネート
      • サービスマナー
      • 茶道

      客室乗務員に必要な能力・資質を向上させよう

      一歩でも「客室乗務員になる!」という夢に近づくために、どんなことに気をつければいいでしょうか。

      日常の生活の中で、少しだけ意識を変えるだけで、いろんな能力が身につきます。

      容姿に自信がなくても笑顔を味方に!

      「私は客室乗務員になれるほど、キレイじゃないし・・・」そんな風に思っていらっしゃる方に、はっきりと宣言します。

      「客室乗務員にとって容姿は問題ではない!容姿よりも大切なもの、それは笑顔!」

      笑顔はコミュニケーションの基本ですよ(^^)

      自然な笑顔の鍛え方
      • 大きく口を動かしながら「ウ・イ・ス・キー」「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と言う(口角ストレッチ)
      • 割り箸をくわえて、割り箸よりも上に口角が上がるようにする
      • 口元を隠して、目も笑っているように見えるかチェック
      • ショーウインドウ、駅にある鏡など、自分が映る瞬間にも笑顔をチェック

        笑顔をずっとキープするって、とっても難しいことなんです。笑顔を身につけることができれば、第一印象がぐっと良くなり、自分に自信が持てるようになりますよ!

        何にでも興味を持つ

        何にでも興味を持つことは向上心を高めるだけでなく、自分の知識の引き出しを増やすことにつながります。機内には様々なお客さまがいらっしゃいますが、それぞれのお客さまに合った話題ができると素敵ですよね?

        これを機に、習い事を始めるのもよし、新聞に目を通すくせをつけるのもよし。いろんなことに興味を持って、チャレンジしてみてください。

        ただし、すぐに飽きてしまわないでくださいね。「継続は力なり」、最後までやりきることで責任感も鍛えられます。

        CAに向いている意外な資質

        精神的な強さ

        CAは気の強い人も多く、物言いがキツかったり、ズバッと言ってくる人も多いです。

        色々と指摘されると、「ああ、また怒られた。」から始まり、「あの人は私のことが嫌いなのかもしれない・・・」なんて、どんどん落ち込んでしまいがちですよね?

        しかし!そんな時に必要なのが「精神的な強さ」

        言われたことを、細かいことまでいちいち気にしていたら、CAなんてやってられません。(笑)ある程度割り切って、切り替えていく力も必要ですよ!

        運動能力の高さ

        CAの仕事は体力勝負です。

        飛行中の機内では、立ったりしゃがんだり、客室を歩き回ったり。「目的地まで歩いてきたんじゃないかな?」と思うほど動き回りますので、運動能力は高いに越したことはありません。

        また、飛行機は揺れるもの。飛行機が突然揺れた際にも、運動能力の高さが活かせますね!

        さらに、滅多なことではありませんが、万が一緊急事態で海などに着水した場合、泳ぐ必要もあるかもしれません。(実際に、「泳げること」が採用条件に入っている航空会社もあります。)

        日本人らしさ

        日系の航空会社ではもちろんですが、外資系の航空会社においても「日本人らしさ」が求められています。

        日本人らしい優れた資質とは
        • 奥ゆかしさ
        • おもてなしの心
        • 気遣い
        • おもんぱかり
        • 責任感

        日本人らしい資質って、なかなかアピールしにくいものですし、すぐにわかってもらえるものではありません。

        かと言って、一朝一夕に身につくものではありませんよね。

        日本人らしさが滲み出るような魅力ある女性ほど、CAに向いている人はいないのではないでしょうか。

        まとめ|あなたは客室乗務員に向いている

        客室乗務員にはいろんな能力が必要

        今回は、客室乗務員として働く上で重要だと思う能力・資質について、ベスト3を発表しました。

        1. 初めての人とでも上手に話せる「コミュニケーション能力の高さ」
        2. 自分に厳しく「自己管理能力」
        3. 常にチャレンジ!「向上心」

        きっと、これらの能力を資質としてすでに持っている方、まだまだ修行途中の方、「全然ダメだ!」と思った方など、いろんな方がいることでしょう。

        一気に全ての能力を身につけようとするのではなく、ぜひ小さな一歩から始めてみてください。

        • 笑顔を鍛えて、第一印象に自信を!(自分に自信がついて、コミュニケーション能力UP! )
        • 様々なことに興味を持って、その興味を継続させる(向上心・忍耐力・責任感)

        あなたの強みが客室乗務員に必要な能力・資質

        あなたの強みはなんですか?

        「健康的」「愛嬌がある」「冷静沈着」「要領がいい」「どこでも寝ることができる」・・・なんでもいいので、3つくらいあげてみてください。

        それらは、客室乗務員をする上で、きっと必要な能力・資質です。

        今回はあえて3つをピックアップしましたが、ほかにも大切な能力がたくさんあります。逆に言えば、今回ご説明した3つの能力・資質だけが客室乗務員に必要な能力ではありません。

        あなたはそのままでも、素敵な能力・資質をいくつか持っているはずです。

        まずは、皆さんが持っている強みを明確にし、それがどんなことに役立つのか考えてみましょう。

        何らかの能力・資質を持っているあなたは「客室乗務員に向いている!」と言えます。自分に自信を持って、夢をつかんでくださいね!